ビジネスマン2人と女性

勤怠管理とは
勤怠管理は現在の企業にとってとても重要な管理の一つと言えます。
従業員の出勤状況や欠勤状況、残業時間などを細かく把握するのが勤怠管理です。これらをしっかりと行う事によって、企業の利益や売上に直結してくると言っても過言ではありません。
また、コストカットが叫ばれる現代社会においても、残業時間の管理は必要不可欠とも言えます。近年では勤怠管理は勤怠管理システムを用いる事が多くなっており、データ化する事でより簡単に正確になっています。

業務管理にも活用
業務管理とは業務が効果的に遂行されるための管理です。業務を遂行するためには、様々な管理が必要になってきます。
そのため業務管理は必ず行う必要があります。その業務管理と勤怠管理を連動させる事により、多くの効果を得る事が出来ます。
勤怠管理を行う事によって業務管理に繋がります。その理由はその商品やサービスを提供するのに、どれだけの人件費がかかっているかが把握できるためです。
それを把握する事によって、無駄があるのかないのかをしっかりと把握する事が出来ます。

人事給与にも連動
勤怠管理システムは人事給与システムとも連動します。現在のシステムでは多くのシステムが勤怠管理をデータで行います。
そのデータを人事給与システムと連動させる事により、給与計算がオートメーション化されます。そうする事によって給与計算に関わる人員をカットする事が可能となっています。
これらのシステムはまだまだ他にもあります。様々なシステムがある中で自社にとって、何が有効で何が有効でないのかをしっかりと把握して、取り入れる事が重要と言えます。

ワークフローの作成
企業活動から生まれる成果は人事給与に影響します。
企業が適正に運営されているかどうか、外から見ただけでは判断しづらいのが現実です。
そこで、一人一人の仕事の洗い出しをするワークフローの作成から始めます。
ワークフローができることによって、全体の仕事の配分に問題ないかが判断されるのです。
ただ、ワークフローだけでは業務管理や人事給与に直接結び付けることはできません。
あくまでも、適材適所へ導く最初の段階なのです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930